コラム

車内アナウンスと外交問題に対する提案 ~平和的な解決を望みます~

No.58|2017年10月7日

 

 

10108099 先日、仕事帰りの電車でうとうとし始めた時いつもと違う車内アナウンスに思わず目が覚めました。あの“壇蜜”の声に似た甘く少し鼻にかかったけだるい感じの女性車掌のアナウンスです。『電車がキューテイシヤやキューブレーキをかける場合がありますので“オタチ”の方は柱や吊革におつかまり下さい~』。スマホに目を落としていた若い男の乗客達もアレッツと一斉に顔を上げ、目の前の脂ぎった親父も気になった様でにやけた顔であたりを見渡しています。なんとなく車内が和んだ感じでした。

 

 それにしても仕事疲れで混雑した電車の中で「駆け込み乗車は危険ですからお止め下さい。」だの「他のお客様の迷惑になりますので携帯電話のご使用はご遠慮ください。」だのとキャンキャンうるさいアナウンスでやられるとストレスはたまる一方です。

そこで今は亡きあの低音の魅力の若山弦蔵さんの声でゆったりと「ハーイお疲れ様。本日のお勤めご苦労様でした。しばらくの間お付き合いください。次は渋谷です。」等と流してくれたり、かって女性達を虜にしたあの甘い細川俊之の声でムードミュージックに乗せて「一つの出会い。それは何時も予感に満ちている。車内が大分混み合って参りましたのでお隣にご迷惑のかからぬようお詰め合わせ下さい。」等と言われればメタボのおばさんもうっとりして体を縮めて席を空けてくれるかもしれません。

 

 さらに足を投げ出してヘッドフォンの音が漏れているアンちゃん達にはエイちゃんがご推薦です。「マナーを守ルヤツと守らない奴がいる。もっと行儀よくヤッチャエ・ニイサン。ヨロシク!」等と流してくれれば直ちに膝をすぼめてくれるに違いありません。
今時もっと厳しく言わないと皆言う事を聞いてくれないと思われる方には10年前の人気ドラマ「女王の教室」での天海祐希の決め台詞「いい加減に目覚めなさい!終点です。」を流せば大口をあけて涎をたらして眠り呆けるオヤジも飛び起きる事でしょう。
ハードな物言いがお好きな方には秘書を怒鳴り上げたT代議士も加わってもらいましょう。

 

 ところで最近の半島をめぐる情勢は日々危機が高まっています。かの国の女浪曲師の様なオバタリアン・アナウンサーに「取るに足らない日本の4つの島は核弾頭で海の底に沈めるべきニダ!」等と言われると心配で夜も眠れません。小松左京の「日本沈没」の様にオーストラリアあたりに移住しなければならないのでしょうか。我が国の優秀な外務担当者も交渉の場では頑張っていると思いますが、自国に不利な交渉結果を持ち帰ったら処刑が待っている背水の陣の彼の国の担当者にはかないません。嘘も方便で一枚も二枚も上手で時に恫喝を繰り返す相手に対抗できる担当者が我が国にいないのかと絶望していましたが何と文春砲ならぬ新潮砲の砲弾に跨ってスーパーウーマンが突然現れたのです。

 

 あのT女史の圧倒的な迫力と突っ込みを我が国のやや軟弱な外交に生かさない手はありません。国政担当者には是非T女史を外務担当者に任命して頂きたいと思っています。
わが国を代表する女子プロレスヒールのアジャ・コングの入場テーマ TheHellionにのって会場に登場してもらい古館調の中継で「オーッとアジャ・トヨダ、スリッパ片手にいきなり相手担当者の脳天めがけてオキテ破りの先制攻撃か!」と気勢をそいでおいて、後ろからチョットチョットと止めにかかるルーピー鳩さんには「ジャカマシイわい!」と一発強烈な屁をお見舞して退け、さらに相手側担当者の戯言には「ちがうだろ~!」とドスの効いた反撃です。相手がもし毛が薄い場合は言わずと知れたあの名言「このハゲー!」をかまし、その結果、相手がひるんで交渉が我が国に有利に進めば万々歳です。

 

 広島で母の胎内で被爆した私は二度と核被害の犠牲になりたくはありません。戦争は絶対反対です。
外交交渉に於いて激しい口論、バトルは当人同士にはストレスかも知れませんがアイアンハートで徹底的にやって頂き、困難とは思いますが話し合いによって国難が回避される事を心から望んでいます。

 

   森 論外

 

 

 

理事長 弘岡泰正

 

コラム一覧に戻る