トピックス

「協会けんぽ」生活習慣病予防健診のお知らせ ~まずは身体のチェックから!~

No.43|2009年4月18日

中小企業等で働く従業員やその家族が加入する健康保険(政府管掌健康保険)は、従来、国(社会保険庁)が運営していましたが、平成20年10月から新たに全国健康保険協会が設立され、協会が運営することとなりました。

 

これに伴い、健康診断の名称もそれまでの「政府管掌健康保険生活習慣病予防健診」から「全国健康保険協会(協会けんぽ)生活習慣病予防健診」に変わりました。

 

平成18年度の「政府管掌健康保険」生活習慣病予防健診の開始以来、年々多くの方々にご利用いただいております。

中でも生活習慣病健診を兼ねた当クリニックのドックにご好評いただいております。国の補助を利用して、この機会にワンランク上の健康診断をお受けになってはいかがでしょうか。

 

また、ご希望によりオプションの検査も申し受けますので、お気軽にご相談ください。

 

「協会けんぽ」生活習慣病予防健診とは?

全国健康保険協会管掌健康保険に加入されている被保険者ご本人と被扶養者の方(特定健康診査)を対象とした健康診断です。国の補助制度を利用した健康診断で、利用者(受診者または事業主)の負担が少ないため気軽に受診することができ、内容もかなり充実しています。

 

何歳から受けられるの?

35~39歳で、生活習慣改善指導を受ける事を希望する被保険者の方。40歳以上75歳未満(75歳の誕生日の前日まで)の被保険者の方。 生活習慣病予防健診
40歳以上75歳未満(75歳の誕生日の前日まで)の被扶養者の方。 特定健康診査

 

 

どんな健診項目があるの?

 

生活習慣病予防健診(被保険者) 一般健診 診察、血圧測定、尿検査、糞便検査、血液学的検査、生化学的検査、心電図検査、胸部Ⅹ線検査、胃部Ⅹ線検査
付加健診 尿沈渣、血液学的検査(詳細)、生化学的検査(詳細)、眼底検査、肺機能検査、腹部超音波検査
乳がん・子宮がん検診 問診、視診、触診、マンモグラフィー、細胞診(スメア式)
肝炎ウィルス検査 HBs抗原(希望者)、HCV抗体(希望者)、核酸増幅検査(該当者)
特定健康診査(被扶養者) 問診、身体計測、血圧測定、血液検査、尿検査、貧血検査(該当者)、心電図検査(該当者)、眼底検査(該当者)

 

 

申込方法は?

①職場を通じて、全国健康保険協会 東京支部へご連絡ください。

※お申込みは年度内ですが、受付終了となる場合もございますので、お早目のご予約をお勧めします。

②申込用紙を用意頂きましたら、まずは当クリニック検診センターまでご予約のお電話をお願いいたします。

③その後に申込用紙を「協会けんぽ」宛てにご郵送お願いいたします。

 

受診できる健診の種類や料金設定は、年齢によって設定されております。

詳細は ヒロオカクリニック健診センター までお気軽にお尋ねください。

 

ヒロオカクリニック 健診センター

TEL:03-3225-1720  FAX:03-3225-1716

トピックス一覧に戻る