トピックス

2011年 年頭のご挨拶 ~医療の質向上を目指します!~

No.47|2011年1月1日

皆様、明けましておめでとうございます。
 輝かしい新たな年をいかがお迎えでしょうか。

 

 ヒロオカクリニックは、皆様の健康と心をサポートする医療を使命と考え、診療と検診にスタッフ一同、本年も努力して参ります。
 新しいビルに移転して1年になります。引っ越しや案内不足でご不便をお掛けすることもありましたが、最近はようやく落ち着いてきたように思います。今後は、待ち時間の短縮をはじめ、医療の質の向上のため、さらなる努力を続けて行きたいと考えています。

 

 昨年10月のたばこ税大幅引き上げと喫煙環境の変化に伴って、禁煙が一大ブームとなりました。当院では2年前から、保険診療による禁煙治療を行っております。当院の禁煙治療の現状について11月の新宿医学会で、報告させて頂きました。12週間の禁煙治療で8割の方が禁煙を達成し、その後の禁煙継続率も6割を超えています。昨年秋は、禁煙補助薬の供給不足から、禁煙治療の患者さん受け入れを中断しておりましたが、この1月からは、新規の方への治療を再開できる予定です。まだ、禁煙できない方は、どうぞご相談ください。

 

この冬は、例年に増して感染性胃腸炎が流行しています。症状は、下痢、嘔吐、腹痛や軽い発熱で、ほとんどがノロウイルスの感染です。通常2~3日で回復しますが、乳幼児や高齢者、体が弱っている人では、脱水症や合併症により重症となることがありますので注意が必要です。また、インフルエンザが流行期に入っています。感染症情報センターによると分離・検出されたインフルエンザウイルスは、A香港型が6割で、残りは新型が多かったようです。体調管理にご留意の上、罹ったかなと思われたときには、早めの受診をお勧めします。

 

 今年も皆様にとりまして、良い年でありますようお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。本年もヒロオカクリニックをどうぞよろしくお願いたします。

 

平成23年元旦

医療法人社団順正会ヒロオカクリニック 院長 田原 稔

トピックス一覧に戻る