トピックス

ビフィズス菌「KLM512」の共同研究 ~米国の学術誌に掲載されました~

No.55|2014年9月27日

当クリニックの副院長、弘岡順子医師が共同研究者・執筆者として関与した論文、「ビフィズス菌〔KLM512〕が成人型アトピー性皮膚炎の症状とQOL(Quality of Life)を改善する」が米国アレルギー喘息・免疫学会の学術誌、Annals of Allergy, Asthma & Immunology 8月号に掲載されました。

 

参考記事: マイナビニュース 日経プレスリリース 協同乳業プレスリリース

 

 

トピックス一覧に戻る