泌尿器科

泌尿器科 泌尿器科

各種泌尿器疾患の診断と治療に対応します

尿および性器といった泌尿に関する診療を行います。当クリニックでは、尿道炎、膀胱炎、腎炎、前立腺肥大、性病などの感染症や頻尿、尿漏れの原因となる過活動性膀胱の診断と治療を行います。また、血尿、蛋白尿の原因となる腎臓疾患、尿路結石、膀胱がん、前立腺がんに対してX線検査、超音波検査、血液検査等を行い、更に精密な診断および専門的治療が必要な場合には、専門医療機関に紹介いたします。その他、男性機能不全(勃起不全:ED)などにも対応します。

こんな症状がある方はこちらへ

泌尿器科
  • ・血尿が出た(痛みがない)
  • ・健診で尿潜血を指摘された
  • ・頻尿、排尿痛が続く
  • ・尿が出にくい
  • ・尿失禁がある
  • ・睾丸、陰嚢が腫れている
  • ・おねしょが治らない
  • ・尿をするときに痛む

対象となる代表的な病気

尿路結石症
無症状の場合もありますが、激痛がでることが多いです。具体的には、側腹部痛(脇腹の痛み)、下腹部痛、血尿あるいは頻尿症状が出現。長期間放置すると腎臓に負担をかけて腎機能を低下させることもあります。
前立腺肥大症
おもな症状は排尿障害です。頻尿(トイレが近い)、夜間頻尿(夜何度もトイレに起きる)、排尿遅延(尿の出方が悪い・すぐにでない・時間がかかる)、残尿感(排尿が終わっても残っている感じがする)、尿勢の低下(尿腺が細く勢いがない)
腹圧性尿失禁
重い荷物を持ち上げた時、走ったりジャンプをした時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入った時に尿が漏れてしまう症状が出ることです。また、女性の尿失禁の中で最も多いのも特徴。これは骨盤底筋群という尿道括約筋を含む骨盤底の筋肉が緩むために起こり、加齢や出産を契機に出現したりします。荷重労働や排便時の強いいきみ、喘息なども骨盤底筋を傷める原因になるといわれています。

診療担当表

予約はお電話からお願いします。

TEL. 0570-002-666

受付時間:(外来) 9:00-12:30、14:00-17:30
(健診) 8:30-13:00、14:00-17:00
※土12:00まで、日祝休み

初めてご来院の方へ
初めての来院、または月初めに来院される際は、必ず保険証の提示をお願いいたします。他の医療機関で処方されているお薬を服用中の方は、お薬手帳等内容のわかるものをご持参下さい。問診票を事前にプリントアウトしご持参頂くと受付・待ち時間が短縮できます。問診票ダウンロード(PDF)

CONTACT予約・お問い合わせ