麻を原料にしたCBD(カンナビジオール)は本当に「大丈夫」?健康効果は

INDEX

「CBD(カンナビジオール)が免疫に良い」という話を聞いたことがないでしょうか。

その期待の高さとエビデンスの確かさから、ヒロオカクリニックでもCBDオイル「Soul 15」(メディカルリサーチ株式会社)を取り扱うようになりました。

ただ「CBDとは大麻なのではないか」と心配する人もいらっしゃると思います。

確かにCBDは大麻草を原料にしていますが、日本では違法な成分が含まれていなければ合法で、クリニックで紹介、販売してもまったく問題なく、もちろん安心して使っていただくことができます。

この記事では、CBDがなぜ「大丈夫」なのかと、CBDに期待できる健康効果とはどのようなものかについて解説します。

厚生労働省の見解と当院のCBDについて

厚生労働省麻薬取締部は、「大麻草の成熟した茎又は種子以外の部位(葉、花穂、枝、根等)から抽出・製造された CBD 製品は、「大麻」に該当します。」としています。もちろん、国内で「大麻」を取り扱うこと、栽培すること、輸入することは法律で禁止されています。

しかし、以下のポイントがクリアされたCBD製品は合法としているのです。

①成熟した茎または種子から抽出されたCBDを用いた製品
②THC(テトラヒドロカンナビノール)という違法成分が含まれていない製品

これらをクリアしていると証明できれば、輸入しても問題ないと厚生労働省麻薬取締部が明確に示しています(*1)。

そして当院で取り扱っているメディカルリサーチ製CBDオイル「Soul 15」は、成熟した茎由来のもの、且つTHCを含んでいないものなので、法令遵守されている製品です。原料の輸入時はもちろん、製品としても第三者機関においてTHCが含まれていないことを確認している希少なCBD製品になります。医師と看護師で構成されているメディカルリサーチならではの信頼度の高さから数々のクリニックで採用されているものになります。

アメリカなど海外では積極的にCBDが健康目的に使われていて、CBDに関する画期的な論文も発表されています。

CBDに期待できる効果

CBDは法律上食品に分類され、医薬品ではありません。そのため「CBDを飲めばこの病気・症状が治る」といった紹介はできません。

CBDに期待できる効果は次のとおりです。

・全身の調子を整える機能を補うと考えられている
・免疫の調子を整えると期待されている
・神経を保護すると期待されている
・運動機能を補うと期待されている

「作用する」「効果がある」と断言しているのではなく、「作用すると考えられている」「効果が期待できる」という表現になっている点に注意してください。そして、体感には個人差が大きいと言われています。

この点を理解しておくことで、快適にCBD製品を使うことができるでしょう。

実際にお使いいただいた方からは、

「寝る前のリラックスタイムに手放せなくなった!」

「私の至適量が見つかった!」

「朝仕事に行く前に使っています」

「口内環境のために継続したい」

などの声が次々と聞かれています。

いまはアスリートの方からの注目も浴びているようです。

シカゴ大学が「新型コロナウイルスの感染を抑制」と発表

シカゴ大学の研究班が2021年3月10日、CBDへの期待を高める論文を公表しました(*2)。

シカゴ大学癌研究部のロン・チー・グエン氏らは、CBDに新型コロナウイルスの感染を抑制する働きがあることを明らかにしました。

論文の一部を紹介します。英文の下の文章は、英文を翻訳したものです。

 

Cannabidiol Inhibits SARS-CoV-2 Replication and Promotes the Host Innate Immune Response

The rapid spread of COVID-19 underscores the need for new treatments. Here we report that cannabidiol (CBD), a compound produced by the cannabis plant, inhibits SARS-CoV-2 infection. CBD and its metabolite, 7-OH-CBD, but not congeneric cannabinoids, potently block SARS-CoV-2 replication in lung epithelial cells. CBD acts after cellular infection, inhibiting viral gene expression and reversing many effects of SARS-CoV-2 on host gene transcription. CBD induces interferon expression and up-regulates its antiviral signaling pathway. A cohort of human patients previously taking CBD had significantly lower SARSCoV-2 infection incidence of up to an order of magnitude relative to matched pairs or the general population. This study highlights CBD, and its active metabolite, 7-OH-CBD, as potential preventative agents and therapeutic treatments for SARS-CoV-2 at early stages of infection.

論文タイトル:カンナビジオールは、SARS-CoV-2の複製を抑制し、宿主の自然免疫反応を促進する

概要:

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、COVID-19)の感染拡大を受け、新たな治療法の必要性が高まっている。当研究班が、大麻から抽出したカンナビジオール(CBD)が新型コロナウイルスの感染を抑制することを発見したので報告する。

CBDとその代謝物である7-OH-CBDは、肺上皮細胞における新型コロナウイルスの複製を強力に阻害することがわかった。

CBDは細胞感染後に作用し、ウイルス遺伝子の発現を抑制し、新型コロナウイルスが宿主の遺伝子転写に及ぼす多くの影響を逆転させた。

CBDはインターフェロンの発現を誘導し、その抗ウイルスシグナル伝達経路をアップレギュレートする。

過去にCBDを服用したことのある人を調査したところ、そうでない人たちと比べて、新型コロナウイルス感染の発生率が最大で1桁低くなった。

本研究は、CBDとその活性代謝物である7-OH-CBD が、新型コロナウイルスの感染初期段階における予防薬および治療薬として期待できることを示している。

シカゴ大学は、イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が公表しているTHE世界大学ランキングで常に上位に名前があがる世界的な名門校です。

2022年のランキングではシカゴ大学は10位で、東京大学は35位、京都大学は61位でした(*3)。

教育・研究機関としての質の高さがうかがえますね。

当院で扱っているCBD製品「Soul 15」は、この論文でも触れられているオイルタイプをご用意しています 。

論文には以下のような文面も記載されています。

(By contrast,)the plasma concentrations of its metabolite 7-OH-CBD, whose Cmax can be increased several-fold by co-administration of CBD with a high-fat meal, are sufficient to potentially inhibit SARS-CoV-2 infection in humans (15).
その代謝物 (7-OH-CBD) の血漿中濃度は、CBD と高脂肪食の併用によって 最高血中濃度を数倍に増加させることができ、ヒトの SARS-CoV-2 感染を潜在的に阻害するのに十分である

7-OH-CBDという成分はCBDの代謝物で、7-OH-CBDはCOVID-9に対抗するために効果的な成分であるという示唆がこの論文で説明されています。CBDは脂質、つまりオイルと一緒に摂取することで、より効果的に体内へ取り込むことができます。

CBDの使い方

当院で取り扱っているCBD製品はオイル状になっていて、口腔内・下あごのあたりに数滴垂らして使います。40~60秒そのまま含んでから飲み込んでください。

CBDの味が苦手という方は、最初はスープに混ぜて飲んでも良いでしょう。ただ慣れてきたら、やはり口の中で含むようにしてください。

CBDは医薬品ではなく食品なので、副次的な有害反応の心配はありません。

まとめ~確かな製品を使ってください~

日本では「大麻」と聞いただけで拒否反応を起こす人がいますが、欧米では普通に健康を目的としたサプリメントのようにCBD製品が使われています。

しかし、大麻由来の製品であることには違いないので、法令を遵守したCBD製品を使うようにしてください。

すべてのCBD製品が合法というわけではなく、THCという成分が入っているCBD製品は違法です。海外ではTHCの含まれた製品が合法となっている国もあります。そういう意味では輸入製品にも注意が必要です。

したがって「THCが含まれていないことが保証されている」ことを確認する必要があります。

ヒロオカクリニックで取り扱っているCBD製品は、

・THCが含まれていない(二つの第三者機関で分析済)
・成熟した茎から抽出したもの

しかも

*国内製造
*高濃度15%
*天然成分100%
*唯一無二の医師&看護師監修

メディカルリサーチ製CBDオイル「Soul 15」は確かな製品ですのでご安心ください。

自由診療もヒロオカクリニックで!

当院ではインフルエンザの予防接種やアレルギー検査等の自費での診療も行っております。

ご利用詳細

CONTACT予約・お問い合わせ