糖尿病

糖尿病 糖尿病

ヒロオカクリニックでは糖尿病の専門医が他の専門医とも連携して診療にあたります

糖尿病はインスリンの不足や作用低下により血液中の糖の量である血糖値が慢性的に上がってしまう病気です。糖尿病は怖い病気です。したがって健康診断などで血糖値が異常値になったり、「変だな」と思ったら、早めに専門医に相談してください。もし糖尿病を発症していれば、早期治療に取りかかることで重症化を防ぐことができます。

こんな症状がある方はこちらへ

糖尿病
  • ・太ってきた
  • ・肥満
  • ・足や手に痛みやしびれ
  • ・疲れやすい
  • ・イライラする
  • ・視力の低下
  • ・手足にタコやイボができる
  • ・味覚が鈍くなった
  • ・喉が渇く
  • ・多汗
  • ・尿量が増える、頻尿
  • ・皮膚乾燥、かゆみ
  • ・ED(勃起不全)

糖尿病について

糖尿病とは
糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンに異常が起きることで発症します。なお、糖尿病は以下の通り、1型と2型があります。健康診断などの数値では「空腹時血糖値」が126mg/dL以上、「75gOGTT」が200mg/dL以上、「HbA1c」が6.5%以上になった状態のことを指します。これを端的に説明すると、血液中の糖の量である血糖値が上がると糖尿病になる、となります。糖尿病の怖さは重篤な合併症に進展することです。以下の三大合併症のほか、動脈硬化の進行により心臓病や脳卒中のリスクが高まります。ヒロオカクリニックでは糖尿病の専門医のほか、循環器内科、一般内科等の他の専門医とも連携して治療にあたっております。
1型糖尿病
何らかの原因で(原因不明)、インスリンを出すβ細胞が破壊されてしまうことで発症する糖尿病を1型と呼んでいます。1型糖尿病がなぜ発症するのか、つまり、なぜβ細胞が破壊されるのかはわかっていませんが、ただ、自己免疫という現象によって起きているのではないかと推測されています。1型糖尿病は、生活習慣のよし悪しに関係なく、そして年齢に関係なく発症します。若い人でも1型糖尿病を発症することがあります。1型糖尿病はインスリンがほとんど(もしくはまったく)作れないため、インスリンの注射を行うことで血糖値のコントロールを行っていきます。
2型糖尿病
2型糖尿病では膵臓で作られるインスリンの量が不十分であったり、十分に作用しません。2型糖尿病の発症にも遺伝的な影響がありますが、それよりも深刻な影響をもたらすのは、肥満、食べすぎ、運動不足などの生活習慣の悪化です。ただ、痩せている人も2型糖尿病を発症することがあります。2型糖尿病は中高年の人に多く起きます。2型糖尿病は食事指導、運動などのほか、症状に合わせた薬で治療を行います。

糖尿病の3大合併症

糖尿病神経障害
糖尿病によって神経に栄養を運ぶ血管が傷つき神経が異常をきたす病気で、進行すると足の細胞などが壊死して最悪、切断が必要になります。
糖尿病網膜症
糖尿病によって眼の細い血管が傷つき、進行すると最悪、失明します。
糖尿病腎症
糖尿病によって腎臓の細い血管が傷つき、進行すると最悪、腎不全に陥り人工透析治療が必要になります。

診療担当表

予約はお電話からお願いします。

TEL. 0570-002-666

受付時間:(外来) 9:00-12:30、14:00-17:30
(健診) 9:00-13:00、14:00-17:00
※土12:00まで、日祝休み

初めてご来院の方へ
初めての来院、または月初めに来院される際は、必ず保険証の提示をお願いいたします。他の医療機関で処方されているお薬を服用中の方は、お薬手帳等内容のわかるものをご持参下さい。問診票を事前にプリントアウトしご持参頂くと受付・待ち時間が短縮できます。問診票ダウンロード(PDF)

CONTACT予約・お問い合わせ