高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴とは

高濃度ビタミンC点滴療法は、もともとがん治療の代替治療としてアメリカなどで研究されている治療法です。この点滴療法に美白・美肌などの効果があることから、美容でも使用されるようになりました。点滴により高濃度のビタミンCが短時間に全身に行き渡ることで、細胞の活性化による若返り効果の促進や、身体の中から若く美しくなる最先端のアンチエイジング効果が期待できます。

次のような方におすすめです

高濃度ビタミンC点滴
  • ・肌荒れやシミができやすい
  • ・お肌のはり、つやの改善をしたい
  • ・ニキビができやすい、治りにくい
  • ・疲労やストレスが多い
  • ・二日酔い・冷え性・肩こり
  • ・免疫力を上げたい
  • ・老化・生活習慣病予防をしたい
  • ・アトピー・アレルギー体質

高濃度ビタミンC点滴で次の効果が期待できます

抗酸化作用
ビタミンCは、老化や心臓病、がんなどの生活習慣病を誘発する活性酸素を抗酸化作用で無毒化します。
疲労回復
ビタミンCは、活性酸素を無害化する抗酸化作用があります。疲労や強いストレスで酸化をきたした私達の身体では、細胞がダメージを受けています。ビタミンCはその修復を高めます。
ニキビ予防
活性酸素から肌を守り、皮脂の分泌を抑制してニキビ予防・改善もします。
生活習慣病改善効果
ビタミンCは、動脈硬化を促進する過酸化脂質の生成を抑制し、血中コレステロール値を低下させる作用があります。とくに、糖尿病・脂質異常の方は、ビタミンCを補給することで血糖値の改善も期待できます。
免疫力向上
ビタミンCはリンパ球の働きを活性化し、抗ウイルス作用のあるインターフェロンを増やします。そして免疫力を向上させ、風邪やウイルスなどによる感染症を予防します。
抗アレルギー作用
ビタミンCの抗ヒスタミン作用により、アレルギー症状を抑制するという研究が進んでいます。
コラーゲンの生成促進
健康な皮膚や血管、筋肉、骨などを作るのにコラーゲンは欠かせません。ビタミンCは繊維芽細胞の働きを高め、コラーゲンの生成を促進する作用があります。コラーゲン生成を促進することで、肌はハリや弾力を取り戻し、しわ・たるみの防止につながります。
メラニン生成の抑制
肌が30分紫外線を浴びると活性酸素が発生し、肌を守るためにメラニンが生成されます。これがシミのもとになります。ビタミンCはシミの原因となるメラニン生成を抑制・還元(美白作用)させる働きがあるので、シミの予防・改善をします。

高濃度ビタミンC点滴開始前に必要な検査

G6PDクリーニング検査とは、赤血球膜G6PD活性の測定をするものです。G6PDは、抗酸化成分の濃度維持に重要な赤血球にある酵素です。この酵素が遺伝的に欠損していると、超高濃度ビタミンC点滴を受けた際に溶血発作を起こす危険性があります。この酵素の検査を事前に行い、酵素欠損のある方は超高濃度ビタミンC点滴を受けることができません。

ビタミンC点滴療法が適さない方
・G6PD欠損症の方 ※事前にG6PD欠損症の検査(1度すれば大丈夫です)が必要です。欠損症の方は治療を受けられません。
・腎不全があり、透析中あるいは透析が必要となる可能性の高い方
・心不全や不整脈の方、浮腫、腹水のある方
・ビタミンCに過敏症の方 等

料金

初回料金

①初診面談・事前検査(G6PD採血)
6,600円
②初診面談・事前検査(G7PD採血)+高濃度ビタミンC点滴(12.5g)セット
15,400円

高濃度ビタミンC点滴

投与量 12.5g
11,000円
投与量 25g
15,400円
投与量 50g
30,800円

回数券

投与量 25g × 12回
154,000円

当院ではマイラン(Mylan Institutional)社のビタミンC点滴剤を使用しております。マイラン社製ビタミンC製剤は、同一性能の国内承認薬はなく、未承認薬として医師の個人輸入により輸入されます。マイラン社のアイルランドの工場より、冷蔵コンテナーで2~8度に冷蔵管理されて輸送されています。(※日本に、高容量で防腐剤無添加の承認されたビタミンC製剤はありません)

予約はお電話からお願いします。

TEL. 0570-002-666

受付時間:(外来) 9:00-12:30、14:00-17:30
(健診) 8:30-13:00、14:00-17:00
※土12:00まで、日祝休み

その他、注意事項等
高濃度ビタミンC点滴の副作用について
・点滴刺入部位、あるいは周囲の痛み
これは比較的多く見られます。ビタミンCの量(浸透圧)や点滴速度、血管の状態などが関係します。こういった条件で起こる痛みに対しては温めたり、点滴の速度をゆっくりしたりすることで対処しています。 その他、点滴という行為に伴う点滴漏れ、刺入部の感染、内出血などが起こる可能性はゼロではありません。
・吐き気や頭痛など
ときどき見られる副作用ですが、点滴の速度や、患者さんの全身状態などによります。点滴の速度をゆっくりにするなどして対応します。
・眠気、ボーっとする
これは、おもにビタミンCの抗ヒスタミン作用によると考えられています。抗ヒスタミン作用とは、花粉症のお薬を飲むと眠くなるのと同じメカニズムによるものです。一時的なものなので特に心配はありません。

CONTACT予約・お問い合わせ