コロナの抗体検査を詳しく解説「ワクチン接種後に調べる意義とは」

INDEX

新型コロナウイルス関連の検査には主に、抗体検査PCR検査抗原検査の3種類があります。

この記事では抗体検査について詳しく解説します。

ヒロオカクリニックでは、ワクチンを接種した方にこそ、抗体検査を受けていただきたいと考えています。

抗体検査は、過去にコロナに感染したかどうかを調べる検査と理解している方が多いと思いますが、ワクチン接種がかなり普及した今は、ワクチンによって抗体ができたかどうかを調べる検査として注目されています。

抗体、PCR、抗原の3つの検査の違い

まずは3つの検査の大きな違いを紹介します。

 

何を検出するのか 何がわかるのか
抗体検査 コロナに対する抗体(人のタンパク質) ●過去に感染したかどうか
●ワクチンによって抗体ができたかどうか
PCR検査 コロナの遺伝子の配列 今、感染しているかどうか
抗原検査 コロナのタンパク質(=抗原) 今、感染しているかどうか

 

抗体検査の最大の特徴は、コロナを検出していない点にあるでしょう。検出するのは抗体で、これは検査を受ける人が自分の体内でつくっているものです。

コロナに感染してしばらく経つと、体内に抗体というタンパク質がつくられるので、それを検出します。

また、ワクチンを打っても抗体ができます。この点についてはのちほど解説します。

一方のPCR検査と抗原検査は、コロナを検出します。

両者の違いは、PCR検査がコロナの遺伝子を検出し、抗原検査はコロナのタンパク質(抗原)を検出しようとしている点です。

3つの検査は大きく、過去の感染がわかる「抗体検査」と、今の感染がわかる「PCR検査と抗原検査」の2つに分けることができます。

抗体とは、ウイルスを排除する正義の味方

コロナを悪者とすると、抗体は悪者を退治する正義の味方です。

抗体の正式名称は免疫グロブリンといい、タンパク質の一種です。

抗体はオーダーメードという特徴があります。コロナにはコロナ専用の抗体があり、がん細胞にはがん細胞専用の抗体があります。

コロナなどのウイルスやがん細胞は、それぞれ固有の抗原を持ちます。抗原はコロナやがん細胞などの目印になります。

人の体は、それぞれの抗原に合わせて、オーダーメードで抗体をつくります。

抗体は、目印になっている抗原を目指して、コロナやがん細胞と結合します。

すると今度は、攻撃部隊であるマクロファージや好中球という物質が、抗体に導かれ、コロナやがん細胞を食べたり排除したりします。

この一連の働きを免疫といいます。

コロナの抗体検査では、コロナ専用の抗体の有無を調べます。

コロナ抗体検査のさらに詳しい解説

コロナの抗体検査について、さらに詳しく解説します。

コロナは、ヌクレオカプシドタンパク質とスパイクタンパク質という2つのタンパク質を持ちます。名前が長いので、ヌクレオカプシドタンパク質をN、スパイクタンパク質をSとします。

Nに対する抗体はIgG抗体(N)、Sに対する抗体はIgG 抗体(S)といいます。

ヒロオカクリニックで行なっている抗体検査では、IgG抗体(N)とIgG 抗体 (S)の有無を調べます。

この2つが検出されると、それは次のような意味を持ちます。

IgG抗体(N)が一定量検出されたら:感染したことがある可能性を示唆する
IgG 抗体(S)が一定量検出されたら:中和抗体がつくられた可能性を示唆する

中和抗体とは、ウイルスの感染力や毒素を取り除く力が特に強い抗体です。

コロナ用のワクチンを打つと、中和抗体がつくられ、感染や重症化を防ぐことが期待できます。

コロナでの中和抗体は「スパイクタンパク質に対する抗体」と呼ばれています。

なぜワクチン接種後に抗体検査をすすめるのか

ワクチンを打ったらもう検査は要らないような気がしますが、残念ながらそうはなりません。なぜならワクチンを2回接種しても感染することがあるからです(*1)。

ワクチンは人類の最良の武器ですが、まだ完全な武器にはなっていません。

そのため、ワクチン接種後に体内に「スパイクタンパク質に対する抗体」が多く作られているかどうかが重要になります。

「スパイクタンパク質に対する抗体」は、体内に侵入したコロナを強力に排除するからです。

ワクチン接種後に抗体検査を行えば、「スパイクタンパク質に対する抗体」の量がわかります。

まとめ~ワクチンでも終わらない現実と向き合うために

ワクチンは人類の希望の星でしたが、最近の調査や研究で、現行のワクチンでは完全にコロナをシャットアウトできないことがわかりました。

しかし、今のところコロナ対策で最も頼れるツールはワクチンなので、政府は国民に強く接種を推奨しています。

そして、ワクチンが効くのは、体内で抗体がつくられるからです。抗体こそがコロナを叩きます。つまりワクチンを、抗体を獲得するために打つわけです。

抗体がしっかりつくられているかどうか調べるために、抗体検査を受けてみてはいかがでしょうか。

 

ヒロオカクリニックではコロナ抗体検査(定量)を行っております。

コロナワクチン接種後の抗体量を検査したい方はおすすめです。

詳細はこちら

CONTACT予約・お問い合わせ