胃カメラ(胃内視鏡)の役割と新宿で検査が受けられるメリットを考える

INDEX

胃カメラと胃内視鏡は、同じものであり違うものです。

胃のなかを人の眼で直接みる道具は、かつては本当にカメラがついていました。それで胃カメラと名づけられました。

しかし現代のものは内視鏡システムになり、カメラといえる装置はついていません。それで胃内視鏡といいます。

ただ、胃カメラという名称があまりに有名になりすぎたので、胃内視鏡のことをいまだに胃カメラと呼ぶことがあります。医療の専門家でも、患者さんにわかりやすいように「胃カメラ」を使うことがあるので「胃カメラ=胃内視鏡」と考えてよいでしょう。

この記事でも、胃内視鏡のことを胃カメラと呼びます。

胃カメラの役割と、当院ヒロオカクリニックの胃カメラ検査について解説します。

胃カメラの構造

胃カメラのメーカーは、胃カメラのことを【内視鏡システム】と呼んでいます。「システム」という言葉が必要なほど、胃カメラは大がかりな装置になっています。

内視鏡システムは大きく【ビデオスコープ】【ビデオシステム本体】の2つから成ります。1つずつみていきます。

ビデオスコープとは

胃カメラと聞くと、細長い管をすぐに思い浮かべるでしょう。

胃カメラ検査では、その細い管を患者さんの口から、または鼻から挿入して、その先端が撮影した胃のなかの様子を【モニター】(テレビ画面のようなもの)に映し出します。

この細長い管は【挿入部】といい【ビデオスコープ】という部品の一部です。

挿入部の付け根には、手の拳(こぶし)2つ分くらいの大きさの部品がついていて、これを【操作部】といいます。

医師は操作部のボタンやダイヤルを操作して、挿入部を動かしたり、撮影したりします。

挿入部(細長い管)の先端は【先端部】といい、ここにレンズがついています。また先端部からは、空気や水、器具を出すことができます。器具を使って、胃がんを切りとることができます。

ここまでが、ビデオスコープの紹介になります。

ビデオシステム本体

ビデオスコープは、【ビデオシステム本体】につながっています。

ビデオシステム本体は、【モニター】【ビデオシステムセンサー】【光源装置】【画像記録装置】で構成されています。

医師によっては胃カメラ検査中に、つまり患者さんが細長い管(挿入部)を飲んでいるときに、モニターを患者さんにみせて胃のなかの様子を解説することがあります。

この「ライブ感」も、胃カメラの画期的な機能の1つです。

胃カメラで何ができるのか

胃カメラは胃をみる道具ですが、医師は胃の手前にある喉(のど)や食道や、胃の奥にある十二指腸もみています。

そのため胃がんだけでなく、食道がんや十二指腸がんも、胃カメラで発見することができます。

なぜ胃カメラでがん治療ができるのか

胃がんがみつかると、外科手術でメスで腹を切って、がんがこびりついている胃の一部を切り取って治します。または、腹腔鏡という器具をお腹のなかに入れてがんを切除します。

大きながんは、今でもこの外科手術や腹腔鏡手術が必要ですが、小さながんであれば胃カメラで取り除くことができます。

胃カメラの先端部からナイフを出して、胃壁(胃粘膜)の表面にできたがん細胞だけを取り除きます。

「カメラ」や「内視鏡」という言葉は、みる道具や映す道具を連想させますが、胃カメラは治療する道具でもあるのです。

医師の眼でライブでみることの重要性

胃カメラのもう1つの重要な役目は、医師にライブで胃のなかの様子をみせることです。医師は胃カメラによって、患者さんの体を切らずに、自分の眼で患者さんの胃のなかの様子をみることができます。

医師が自分の眼で患者さんの病巣をみることができるので、治療がしやすくなります。また病巣を直接みているので、見落とす確率が減ります。

患者さんの体を切らずに、医師の眼でライブで直接みることができる「体のなかにある臓器や器官」は実は多くありません。

脳も心臓も、体を切らないと医師がみることができません。そのため脳や心臓の治療をするときは、X線や超音波を使って特殊な画像をつくる必要があります。しかしそれは、医師が自分の眼でみている画像ではないので、見落とす懸念があります。

胃は、胃カメラが発明されたことで、「体を切らないとみえない臓器」から「体を切らなくてもみえる臓器」に変わったわけです。

胃カメラで止血することもできる

胃潰瘍では、胃から出血することもあります。

胃カメラで止血することもできます。

胃カメラの先端部から止血効果がある薬を出して患部に注入したり、クリップで出血部分を挟んで止血したりすることもできます。

まとめにかえて~新宿で胃カメラ検査が受けられます

ヒロオカクリニックは新宿2丁目にあり、JR新宿駅から道路距離で650m、徒歩8分です。

ヒロオカクリニックでも胃カメラ検査を行なっています。

新宿は何かと便利な場所であることから、ヒロオカクリニックでは、新宿に来た人が「ついで」感覚で胃カメラ検査を受けられる体制にしています。

平日の月、火、水、金に、胃カメラ検査を行なっています。

電話(0570-002-666 )または、下記のページから予約することができます。

https://www.mrso.jp/mrs/hokc/Plans/selectPlan

胃内視鏡検査(胃カメラ)、人間ドックはヒロオカクリニック

健診・人間ドックでの胃内視鏡検査に加え、専門医による外来診療も行っております。

ご利用詳細

CONTACT予約・お問い合わせ