集団免疫とは~なぜコロナ禍で話題になるのか

INDEX

新型コロナウイルス感染拡大(以下、コロナ禍)のなかで、集団免疫が話題になっています。
日本のある大臣は「多くの人がワクチンを接種すれば、重症者や死亡者を減らすことが期待できるが、集団免疫の効果があるかどうかわかるまでには時間を要する」と発言しています(*1)。

集団免疫とはどのような免疫で、なぜウイルス対策になるのかを解説します。

免疫とは

集団免疫とは、地域や国などの一定の範囲内において、ウイルスなどの病原体に対する免疫を持った人が多く存在する状態のことを指します。
では、免疫とは何かというと、人の体内に備わった機能のことで、外敵から体を守る働きをします。

いろいろな免疫

集団免疫を紹介する前に、人が持つ免疫について解説します。免疫にはいくつか種類があります。
血液中の白血球は免疫細胞と呼ばれ、がん細胞を攻撃します。白血球は、がん細胞を異常細胞とみなし、体を守るためにこれを攻撃するので、この働きは免疫と呼ぶことができます。

また、目や鼻、口、胃腸などの表面を覆っている粘膜も免疫の1つです。粘膜は、ウイルスや細菌を体に入れないようにして、さらに、体に入ったウイルスや細菌を体の外に出します。

そしてワクチンを接種しても、免疫を得ることができます。
コロナ禍で注目されている集団免疫は、このタイプになります。

ワクチンを接種すると抗体ができて免疫を得ることができる

人がワクチンを接種すると、体のなかに抗体という物質ができます。
抗体は、体内に侵入した異物とくっつき、体外に排除するように動きます。

ワクチンを接種すると、ウイルスが引き起こす病気を予防できるのは、免疫を獲得できたからです。そして、免疫を獲得できたのは、抗体がつくられたからです。
ワクチンと抗体と免疫の関係こそこの記事のメインテーマなので、さらに詳しくみていきましょう。

ワクチンと抗体と免疫

人に深刻な病気をもたらすウイルスや細菌のことを、病原体といいます。

ワクチンの原料は病原体そのもの

ワクチンの原料は病原体です。人が病原体に感染すると重大な病気を発症しますが、病原体の毒性を弱めるなどの加工をしてワクチンにして人が接種すると、病気の予防になります

ワクチン(病原体を加工したもの)を体内に取り込むと、体はそれを取り除こうと抗体をつくります。抗体は、病原体の種類に合わせて形を変え、病原体が持つ抗原という部分にくっつき、それを排除します。

ポイントは、抗体が病原体に合わせて自らの形を変えている点です。これにより、特定の抗体は特定の病原体にしか反応しなくなります。つまり、特定の抗体は特定の病原体だけを排除し、正常細胞に悪影響を及ぼしません。

ワクチンは訓練みたいなもの

ワクチンを接種すると、そのワクチンにだけ反応する抗体がつくられます。
ワクチンは病原体を加工したものなので、その抗体は、その病原体を排除する力を持つことになります。
ワクチン接種はいわば、抗体を訓練するようなものです。ワクチン接種によって、抗体に「この病原体が体内に入ってきたら叩け」と指示することができます。

集団免疫が得られると、何がよいのか

集団免疫とは、人口の一定割合以上の人が免疫を持った状態のことです。
したがってコロナ禍での集団免疫とは、新型コロナワクチンを接種して新型コロナ用の抗体を獲得した人が一定数以上存在する状態のことです。

コロナ禍ではどの国も集団免疫の獲得を目指しているのですが、それは集団免疫を獲得すると感染が拡大しなくなると期待できるからです。
免疫を持つ人(抗体を持つ人)は、新型コロナが体内に侵入しても排除することができます。それで感染を防ぐことができます。
そして、ある国やある地域が集団免疫を獲得すると、ワクチンを打っていない人や、抗体を持っていない人、免疫を持っていない人の感染確率も低下します。

集団免疫を獲得すると、通常の生活が戻ってくるわけです。

確実に集団免疫が得られるとは限らない

さて、ここまで希望が持てる話をしてきましたが、ここからは気になる話をします。
国立保健医療科学院(埼玉県和光市)は、新型コロナワクチンと集団免疫について次のように述べています(*2)。

・ワクチンによっては、接種で重症化を防ぐ効果があっても感染を防ぐ効果が乏しく、どれだけ多くの人に接種しても集団免疫の効果が得られないことがある

つまり、ワクチンを接種した人が増えても、集団免疫が得られない場合もあり得る、というわけです。

また、ワクチンが完成しても、対象となるウイルスが変異してしまえば、そのワクチンの効果が低下するかもしれません。ワクチンでつくった抗体が、変異したウイルスに反応しなければ、免疫として機能しません。
例えば、インフルエンザのワクチンを接種したのにインフルエンザに感染してしまうのは、ワクチンの型と、実際に流行したインフルエンザの型が異なるからです。

厚生労働省の「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会」も、新型コロナワクチンの効果について「集団免疫効果が得られるかどうかは、大規模な接種後までわからない」としています(*3)。

まとめ~過度な期待はせず地道に対処する

集団免疫を獲得すれば新型コロナに悩まされることはなくなる、とはいえ、それを実現するのは簡単なことではありません。
集団免疫を獲得するのは人類にとって難事業であり、新型コロナは強敵だからです。
したがって、ワクチンを接種したあとも、地道にマスク、手洗い、3密回避は継続する必要があります。

しかし、人類はこれまで何度も強敵ウイルスに勝ったり、共存できるようになったりしてきました。やまない雨はない。明けない夜はありません。過度な期待はせず、できることを淡々と繰り返していけば、そこに光が差し込むはずです。

自由診療もヒロオカクリニックで!

当院ではインフルエンザの予防接種やアレルギー検査等の自費での診療も行っております。

ご利用詳細

CONTACT予約・お問い合わせ