無症状だけどPCR検査を受けたい:自費なら可能、潜伏期間には注意を

 

新型コロナウイルス感染症を発症していなくても、熱や咳がなくても、濃厚接触をしていなくても、「PCR検査を受けたい」と思っている人はいます。

ヒロオカクリニックにも、念のためPCR検査を受けにくる方がいます。

 

コロナ禍は非常時なので、無症状でもPCR検査を受けることは意味があります。当院でも、受診者様の自費によるPCR検査を実施しています。

ただ、むやみにPCR検査を受ければよい、というものではありません。無症状でのPCR検査受診には、潜伏期間や結果の意味など、注意点がいくつかあります。

 

 

PCR検査を受けたい 無症状でもPCR検査を受ける意味

 

無症状でもPCR検査を受ける意味を考えてみます。

 

 

むやみに受けるのは無意味

 

コロナは市中感染することがわかっています。そのため、感染者と濃厚接触をしていなくても、混んだ飲食店で飲食をしていなくても、街中を歩いたことがあれば、またはスーパーマーケットに買い物に行ったことがあれば、仮にそのときマスクをしていても、感染リスクはゼロではありません(*1)。

 

だからといって「感染の可能性がゼロでないから、なんとなく心配だからPCR検査を受けたい」という気持ちで受けるのは、あまり意味がありません。

 

 

PCR検査を受ける必要性を考えて

 

では、外出自粛やリモートワークを徹底して、感染リスクが低い生活をしていて、無症状の人は、どのようなときにPCR検査を受けたらよいのでしょうか。

 

それは、必要性があると自身で判断できたときです。

 

例えば、会社員の方が重要な仕事を任されて、どうしても複数の人と実際に会わなければならないとき、PCR検査を受けて陰性の結果が出ていれば「安心」できます。

陰性結果が出たからといって、100%感染していないと断言できるわけではありませんが、陽性結果が出た人よりは感染していない確率が高いので、他人にうつす心配が減るからです。

 

 

陰性結果は完全な感染否定にはならない

 

PCR検査を受けて陰性結果が出たからといって、100%感染していないと断言できるわけではないのなら、受診しても意味がないのでしょうか。

もちろんそのようなことはありません。

 

 

特異度を100%にできない

 

そもそも陰性と出たのに感染してないと断定できないのは、PCR検査に限界があるからです。

PCR検査では、受診者様の唾液を採取して、そこにコロナが含まれているかどうか確認します。そのため、感染しているのに、たまたま採取した唾液にコロナが含まれていなければ、PCR検査の結果は陰性と出ます。

 

また、検査に使う唾液にコロナが含まれていても、PCR検査で陰性が出てしまうことがあります。「それは欠陥検査なのではないか」と感じるかもしれませんが、そうではありません。

PCR検査の特異度が100%でないことは、仕方がないことだからです。

 

特異度とは、感染していない人を間違いなく陰性と判定できる確率のことで、次の計算式で算出します。

 

・特異度(%)=感染していない人の数÷陰性判定が出た人の数×100

 

PCR検査で陰性判定が出た人が全員実際に感染していなければ、特異度は100%になりますが、PCR検査はそうはなっていません。

 

そのためPCR検査の陰性判定は「感染していない可能性が高い証明」にとどまります。「完全に感染していない証明」にはなりません。

 

非常時だから重要な意味がある

 

しかし、陰性判定が出た人は、陽性判定が出た人やPCR検査を受けていない人よりは、感染していない可能性が高いことは事実で、ここに無症状PCR検査受診の意味があります

コロナ禍のような非常時で、経済活動をある程度進めなければならないときは「感染していない可能性が高い証明」は重要な意味を持ちます。

 

 

潜伏期間中は無症状、濃厚接触者は注意を

 

実際に感染しても、コロナの潜伏期間中は症状が出ません。コロナの潜伏期間は1~12.5日で、多くは5、6日です。

したがって、無症状であっても、感染者と濃厚接触した方は、当院のPCR検査を含む、通常の「自費のPCR検査」は受診できません。

 

濃厚接触者は、医療機関にかかる前に、保健所に「濃厚接触をして感染した可能性がある」ことを伝えなければなりません(*2)。

無症状であれば、自宅待機などが必要になります。

 

もし、濃厚接触しているにも関わらず、それを隠して医療機関で自費のPCR検査を受けてしまうと、クラスター(集団感染)の発生源になってしまうかもしれないので、それは絶対にしないでください。

 

 

PCR検査を受けたい 自費のPCR検査の流れ

 

濃厚接触していない無症状の人が、PCR検査を受ける場合、検査費用は100%自己負担になります(自費になります)。

ヒロオカクリニックは自費のPCR検査を行っていて、料金は税抜20,000円です。

この料金には検査費用の他に、医師の診察と結果報告書の費用も含まれます。

 

当院で受診者様から唾液を採取して、それを検査機関に渡します。検査機関が出した検査結果を、最短で翌日に、受診者様に電話で伝えます。結果報告書は後日郵送で受診者様の自宅に届きます。

 

 

まとめ~可能性を「恐がりすぎない」「甘くみない」

 

可能性という言葉は、コロナ禍において人々を悩ませます。

 

市中感染の可能性がある以上、飛沫を受けていなくても、濃厚接触していなくても、人はコロナから逃れられないといえます。

しかし、だからといって毎日PCR検査を受けることはできませんし、その必要もありません。それよりは、マスクの着用や不要不急の外出の自粛、手洗い、3密回避を徹底したほうが効果的です。

 

そして、PCR検査を受けて陰性判定が出たとしても、感染している可能性はゼロにはならないので、無制限に活動してよいわけではありません。

 

可能性について、恐がりすぎるのも甘く考えるのも、よくありません。節度を持って行動する必要があります。

 

 

新宿区でPCR検査実施中:ヒロオカクリニックのPCR検査について詳しくはこちらから

CONTACT予約・お問い合わせ