花粉症の検査方法と費用を解説

INDEX

花粉症には、1つの病気なのに原因の種類が多い、という特殊性があります。もちろん花粉は共通していますが、スギの花粉で発症する人もいれば、ヨモギで発症する人もいます。
さらにいえば、花粉症を発症したと思ってクリニックにかかったところ、まったく別の物質によってアレルギー反応が起きていた、ということも珍しくありません。

原因がわからないと治療はできません。
そこで花粉症と思われる症状が出た方には、検査を受けていただくことになります。
この記事では、花粉症の検査方法と費用について解説します。

花粉症の検査の種類

日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー感染症学会は「鼻アレルギー診療ガイドライン」を作成し、そのなかで花粉症を含むアレルギー性鼻炎であると診断するには次の検査を行う必要がある、としています。

・皮内アレルギーテスト
・スクラッチテスト
・IgE抗体検査
・鼻汁中好酸球検査
・抗原誘発反応検査

どのように検査をして、何を調べるのか1つずつ解説していきます。

皮内アレルギーテスト

皮内アレルギーテストは、患者さんの腕に微量のアレルゲンを注射で投与して、皮膚が反応するかどうか調べる検査です。
アレルゲンとはアレルギー反応の原因となる物質のことです。微量を投与することで、わざとアレルギー反応を小さく起こして原因物質を特定します。
注射した部分が赤くなったり腫れたりすれば、そのアレルゲンが原因であることがわかります。投与するアレルゲンに花粉を使えば、花粉症であるかどうかがわかります。

スクラッチテスト

スクラッチテストは皮内アレルギーテストの一種です。
患者さんの皮膚に注射針で小さな傷(スクラッチ)をつけて、各種のアレルゲンを微量付着させて反応をみます。

IgE抗体検査

IgE抗体検査は血液検査で、患者さんの血液のなかのIgE抗体という物質を調べます。
花粉などのアレルゲンは人の体のなかでIgE抗体と結びつき、鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応を引き起こす化学物質を発生させます。
次のような流れになります。

・アレルゲン→体内に侵入→アレルゲンとIgE抗体が結合→化学物質が発生→アレルギー反応

IgE抗体には、花粉と結びつくIgE抗体やダニの成分と結びつくIgE抗体、卵白の成分と結びつくIgE抗体など、さまざまな種類があります。
そのため、血液中のIgE抗体の種類を調べれば、その患者さんがどのアレルゲンに反応しやすいかがわかります。
アレルギー反応を起こしている患者さんの血中に、花粉と結びつくIgE抗体が多くみつかれば「花粉症だろう」と見立てることができます。

鼻汁中好酸球検査

鼻汁中好酸球検査は、鼻汁(鼻水)を採取して、そのなかに好酸球という物質が含まれているかどうかを調べます。
好酸球は白血球の一種で、アレルギー反応を起こす人の体内で増える特徴があります。
好酸球は白血球ですが、血液中より鼻の粘膜で増える傾向があるので、鼻汁を調べるわけです。

抗原誘発反応検査

抗原とはアレルゲンとほぼ同じ意味です。
抗原誘発反応検査は、鼻の奥の粘膜の上に抗原を含んだ小さなシート(抗原ディスクといいます)を貼り、鼻汁が出たり粘膜が腫れたりするかどうか調べます。

「Viewアレルギー39」検査の方法と料金

上記で紹介した検査のほかに「Viewアレルギー39」という検査方法があります。
とても簡便な方法でありながら有効性が高いので、多くのクリニックが採用しています。

39種類のアレルゲンを特定できる

Viewアレルギー39検査は、その名のとおり次の39種類のアレルゲン(アレルギー反応の原因)を特定します。

・樹木:スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
・草:カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ
・室内関連:ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト
・動物:ネコ、イヌ、ガ、ゴキブリ
・カビ:アルテルナリア、アスペルギルス、カンジダ、マラセチア、ラテックス
・食べ物:卵白、オボムコイド、ミルク、小麦、ピーナッツ、大豆、そば、ごま、米、エビ、カニ、キウイ、りんご、バナナ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、豚肉、鶏肉

1回採血するだけで、このなかのどれに反応してつらい症状を引き起こしているかがわかります。

保険を使って5,000~6,000円ほど

Viewアレルギー39検査は 医師の診断により、症状のある方で問診等で原因が特定できない方には健康保険適用される検査です。
検査費用は、3割負担で、診察料などを含めて5,000~6,000円ほどになります。

まとめ~まずは敵を知る

検査はどの病気の治療でも最初に行なわれますが、花粉症では特に、原因を特定しないことには治療のしようがないので重要になってきます。
花粉症を含むアレルギー性鼻炎は「敵」が多いので、敵の特定は簡単ではありません。そのため検査方法が複数開発されました。
花粉症の検査で原因を特定できれば、日常生活のなかでその物質を回避する行動を取ることができます。
敵を倒すために、まずは敵を知りましょう。

様々な分野の専門医が外来診療を行っております

当院では内科・循環器内科・消化器内科・アレルギー科・皮膚科・整形外科等の幅広い診療科目に対応しております。

ご利用詳細

CONTACT予約・お問い合わせ