抗体検査とは、抗原検査とは、PCRと何が違うのか 【新型コロナ基礎知識】

INDEX

新型コロナウイルスに関する基礎知識として、抗体検査抗原検査について解説します。どのような検査を行い、この検査によって何がわかるのでしょうか。

PCR検査と比較してみる

コロナの検査といえばPCR検査がよく知られているので、これと比較すると、抗体検査と抗原検査の違いがより鮮明になります。

PCR検査 抗体検査 抗原検査
何がわかるのか 体内にウイルスが存在するかどうか 過去にウイルスに感染していたかどうか 体内にウイルスが存在しているかどうか
何を調べるのか ウイルスの遺伝子 ウイルス感染によってできるタンパク質(抗体) ウイルスのタンパク質(抗原)

PCR検査と抗原検査の違い

PCR検査抗原検査は、どちらも体内にウイルスが存在しているかどうかを調べます。これによって「今」感染しているかどうかがわかります。
ではなぜコロナ禍では、PCR検査が一般によく知られていて、抗原検査はあまり知られていないのでしょうか。それは、ウイルスを発見する能力に差があるからです。

PCR検査はウイルスの遺伝子の検出を目指します。遺伝子はウイルスそのものなので、感染していれば、高い確率でウイルスを発見できます。
確実性の高さから、PCR検査が行われる機会が多いわけです。

ではなぜ、PCR検査があるのに抗原検査が存在するのかというと、抗原検査のほうが簡単に検査を実施できるからです。
PCR検査は特殊な機器が必要で手間がかかりますが、抗原検査は簡単な検査キットだけで実施できます。
コロナ禍のような緊急事態では、簡易的な検査が必要になることがあり、そのようなときに抗原検査が重宝します。

抗体検査と抗原検査の違い

抗体検査「過去に」ウイルスに感染していたかどうかを調べます。抗体があれば、ウイルスに対する免疫を獲得している可能性があります。

抗体検査と抗原検査は、どちらもタンパク質を調べますが、両者は異なる種類のタンパク質です。
抗体検査では、ウイルス感染したことによって体内にできる抗体のタンパク質を調べ、抗原検査ではウイルスのタンパク質を調べます。

抗体検査のより詳しい解説

それでは抗体検査についてさらに深掘りしていきます。
抗体検査では血液を採取します。速ければ、血液を検査キットに投入してから数十分で結果が出ます。

コロナでの抗体検査では、IgM抗体IgG抗体の2種類の抗体を調べます。
IgM抗体は、ウイルスなどの病原体に感染すると最初につくられます。
IgG抗体は、IgM抗体が体内にできたあとにできます。
IgG抗体は一度できても、しばらくすると消えてしまうことがあります。そしてIgG抗体が消えてしまうと、再び感染リスクが高まってしまいます。

抗体検査の結果は、IgM抗体とIgG抗体が、陽性(存在する)または陰性(存在しない)で出ます。
陽性または陰性が意味することは次のとおりです。

「IgM抗体:陽性」「IgG抗体:陽性」が意味すること
コロナの感染中期で、周囲に感染させるリスクが高い。

「IgM抗体:陰性」「IgG抗体:陽性」が意味すること
コロナに感染したことがあるが、症状がなければ治癒している可能性がある。
周囲に感染させるリスクは低い。

「IgM抗体:陽性」「IgG抗体:陰性」が意味すること
コロナの感染初期で、周囲に感染させるリスクが高い。

「IgM抗体:陰性」「IgG抗体:陰性」が意味すること
コロナに感染したことがない。

抗体検査に関する厚生労働省の注意点

厚生労働省は抗体検査について次のような注意を促しています(*1)。

・さまざまな抗体検査キットが市場に出回っているが、期待される精度を発揮できないものもある
・体外診断用医薬品として承認を得た抗体検査はない
・WHO(世界保健機関)は、抗体検査について1)診断を目的とした使用は推奨しない、2)疫学調査では活用できる、としている

日本でも疫学調査で抗体検査を使った実績があります。厚生労働省は2020年に、抗体保有状況を把握するため、東京、大阪、宮城の3都府県で約1万人を対象とした抗体検査を実施しました。

抗原検査のより詳しい解説

続いて、抗原検査について解説します。
抗原検査では、PCR検査と同じように、長い綿棒で鼻の奥の粘膜の液体をぬぐい、それを検査キットに投入します。結果は30分ほどで出ます。

抗原検査では、陽性と出た場合は感染していると断定して確定診断とすることができます。
しかし、抗原検査で陰性と出た場合は、それをもって感染していないとは断定できず、引き続きPCR検査をすることがあります(*2)。

ただ、新型コロナウイルス感染症が発症してから2日目から9日以内の人の場合、抗原検査とPCR検査の結果が一致する率が高いため、その期間内であれば「抗原検査陰性」で確定診断とすることができるようになりました。

2020年4月に、富士レビオ社の抗原検査キット「エスプラインSARS-CoV-2」が薬事承認されています。

まとめ~どれほど強敵かわかる

PCR検査は高い精度でコロナ感染の有無を判定しますが、手間がかかります。そこで、精度が落ちても、短時間かつ簡便に陽性・陰性を調べたいときは抗原検査を行います。
また、過去の感染歴を調べる抗体検査は、免疫の有無を知る手掛かりになります。コロナ対策では集団免疫が重要になるので、抗体検査が必要になります。
コロナの検査に3つも種類があるのは、コロナがそれだけ人類にとって強敵だからです。多角的に対応して、このウイルスに打ち克つことが求められます。

新宿 ヒロオカクリニックでは無症状の方を対象とした自費の新型コロナウイルスPCR検査(唾液)を2種類 実施しております。①PCR検査(医師の診察・結果報告書代込):税込14,850円、②PCR検査(医師の診察・結果報告書代込、変異株のスクリーニング検査対応、国内最大手の検査機関に委託):税込22,000円)。詳細はこちら

無症状の方を対象とした自費のPCR検査

検査の精度面でのご安心をいただける様に当院のPCR検査は国内最大手の検査機関に検査を委託しております。また、検査の際に問診票へのご記入いただき医師が診察を行っております。

ご利用詳細

CONTACT予約・お問い合わせ