胃痛の原因は何か「注意すべき症状は?」「疑われる病気は?」

INDEX

突然襲われる、じんわりとくる、ダラダラと続く――。
同じ胃の痛みでも、痛みの発生の仕方はさまざまです。それは、胃痛を起こす病気が複数あり、病気によって痛みが変わってくるからです。
また、同じタイプの胃痛でも、原因となる病気が異なることもあります。
胃痛はとてもやっかいです。

この記事では、胃痛の種類を紹介します。胃痛でクリニックに行くとき、どのように痛むのかを医師に説明できると、診断と治療の助けになります。

また、胃痛のなかでも特に注意すべきものや、胃痛によって疑われる病気を紹介します。

胃の痛み方はさまざま

胃の痛みの発生の仕方は実にさまざまです。

・みぞおちの痛み
左右の肋骨下部の間をみぞおちといい、このあたりが痛むことがあります。みぞおちの痛みは、胃痛の代表的な痛み方です。

・胃もたれや胸やけ
「痛い」というわけではないが、不愉快な感じが続くことがあります。胃が重いと感じるのが胃もたれです。みぞおちの上のあたりがヒリヒリしたり、しみる感じがしたりするのが胸やけです。

・吐き気や嘔吐
胃痛と一緒に吐き気を催したり、嘔吐したりすることがあります。

・下腹部の痛み
臍部より下の部分を下腹部といい、ここが痛むことがあります。

・突然痛くなる
さっきまで痛くなかったのに、または、昨日まで痛くなかったのに、突如胃が痛くなることがあります。胃の病気の診療では、痛くなり始めた時期が重要なので、胃痛が始まった時期を覚えておきましょう。
また、特定の状況に置かれたときだけ胃が痛むことがあります。

・長期にわたってダラダラと痛い
痛みや不快感は弱いものの、長期にわたって胃痛に悩まされることがあります。痛んでいる時間や、ダラダラ痛みが始まるタイミングも、胃の病気の治療にとって重要な情報になります。

・食欲不振
食欲不振は胃痛ではありませんが、胃の異変情報としては重要になります。胃痛とあわせて食欲が落ちることがあります。

・便秘や下痢
便秘や下痢も胃痛ではありませんが、便の不具合は腸に深く関与していて、腸は胃の先にある臓器なので、便秘や下痢が胃の異常に関係していることがあります。

・背中の痛みとの勘違い
「胃が痛い」と訴えていたものの、医師の診察を受けたら、実は症状が出ていたのは背中だったということがあります。あまり痛みが出ない人は、胃痛と背中の痛みを区別することが難しい場合があります。

胃痛が起きると疑われる病気

胃の病気にはさまざまな種類があり、病気によって痛みが変わったり、異なる病気なのに同じ痛みが出たりすることがあります。

みぞおちの痛みが起きているときに疑われる病気

みぞおちの痛みは、さまざまな病気で発生します。
胃液が過剰に分泌されていると、胃粘膜を傷つけて、みぞおちが痛くなります。胃炎や胃潰瘍が疑われます。
検査の結果、胃に異常がみつからないのにみぞおちが痛むことがあります。これは、胃の機能が低下しているからかもしれません。
そのほか、胃がんや腎臓の病気、膵臓の病気、心臓の病気によっても、みぞおちが痛くなることがあります。
みぞおちの痛みは、機能性ディスペプシアでも起きます。機能性ディスペプシアは「胃痛や吐き気、胃もたれなどが続いているのに、内視鏡検査をしても粘膜などに異常がみつからない」病気と定義されています。

胸やけが起きているときに疑われる病気

胸やけが起きているとき、胃液が食道に逆流している可能性があります。この病気を、逆流性食道炎といいます。
食道と胃のつなぎ目部分は、通常は、飲み食いしていないときはしっかり閉じていますが、それが緩むときがあります。そのため、胃のなかの強い酸性の胃液が食道に入ってきて、胸やけの症状を引き起こします。
慢性胃炎でも胸やけが起きることがあります。

胃もたれが起きているときに疑われる病気

胃もたれが起きているとき、胃のなかに食べ物がとどまりすぎている可能性があります。食べ物は胃のなかでドロドロになったら十二指腸に流れますが、胃の排出機能が低下してその流れが起きないことがあります。それで胃が重く感じるようになります。
胃液の量が足りず、食べた物が消化されず胃のなかにとどまって胃もたれを起こすこともあります。
慢性胃炎や機能性ディスペプシアでも胃もたれが起きます。

吐き気や嘔吐が起きているときに疑われる病気

吐き気や嘔吐が起きているとき、機能性ディスペプシアの可能性があります。
吐き気や嘔吐の症状は、その他にも、胃炎、レイウス、片頭痛、脳神経の病気でも起きます。

下腹部の痛みが起きているときに疑われる病気

下腹部の痛みが起きているとき、次のような病気が疑われます。

・虫垂炎
・腸閉塞
・腸捻転
・大腸炎
・過敏性腸症候群
・子宮外妊娠
・子宮内膜症

胃痛はどれも我慢せず医者にかかったほうがよいのですが、下腹部の痛みは特に早くクリニックに行ったほうがよいでしょう。

突然の痛みが起きているときに疑われる病気

突然の痛みが起きているとき、胃けいれんが起きている可能性があります。また、急性胃炎でも、突然の痛みに襲われることがあります。

長期にわたるダラダラした痛みが起きているときに疑われる病気

胃液が過剰に分泌されていると、空腹時に決まって胃痛が起きることがあります。胃炎や胃潰瘍が疑われます。
また、ピロリ菌に感染していると慢性胃炎を発症し、長期にわたって苦しめられます。ピロリ菌による慢性胃炎の場合、胸やけや胃もたれ、食欲不振ももたらします。

食欲不振が起きているときに疑われる病気

食欲不振が起きているとき、胃けいれんが疑われることがあります。吐き気や鋭い痛みが一緒に発生することもあります。
胃がんや胃潰瘍、慢性胃炎でも食欲不振が起きます。

便秘が起きているときに疑われる病気

便秘が起きているとき、大腸の運動が低下していたり、大腸が緊張していたりする可能性があります。また、大腸がん、イレウス、腸管癒着といった、より深刻な病気も疑われます。

下痢が起きているときに疑われる病気

下痢が起きているとき、食あたり、水あたり、消化不良、ストレスなどの可能性があります。また、大腸がんや潰瘍性大腸炎でも下痢の症状が出ます。
さらに胃の機能低下によっても下痢が起きます。

背中の痛みが起きているときに疑われる病気

胆嚢炎では、お腹と背中の両方が痛くなることがあります。胆嚢炎の場合、緊急手術が必要になることがあります。

胃痛と胃がんの関係

胃がんは、最も深刻な胃の病気の1つですが、胃痛が起きることも、起きないこともあります。人によっては、胃がんがかなり進行していても無症状の場合があります。
そのため、胃痛は胃がんを疑う切っ掛けにはなりますが、胃痛がないからといって胃がんが発症していないとはいえません。
それで医師は、痛みがなくても胃がんの検査をしましょうとアドバイスするわけです。

人によっては、胃がんの発生にともなって、次のような症状が出ることがあります。

・みぞおちの痛み
・胃の不快感や違和感
・胸やけ
・吐き気
・食欲不振
・貧血
・黒い便

こうした症状は「いつもの不具合」と軽視されがちなだけに、注意したいものです。

まとめ~胃痛を軽視しない あなどらない

「ストレスで胃がやられた」と言う人がいます。このように認識していると、ストレスを回避すれば胃が正常に戻る、と思ってしまうかもしれませんが、それは危険な考え方です。
なぜなら胃痛は、ストレスだけが原因で起きるわけではないからです。ストレスを受けている時期に胃潰瘍や胃がんを発症していたり、ピロリ菌に感染していたりしているかもしれません。その場合、ストレスを取り除いても病気は進行します。
胃痛はしっかり医療機関で治しましょう。

新宿ヒロオカクリニックでは健診・人間ドックでの胃内視鏡検査に加え、消化器内科の専門医による外来診療も行っております。詳細はこちら

胃内視鏡検査(胃カメラ)、人間ドックはヒロオカクリニック

健診・人間ドックでの胃内視鏡検査に加え、専門医による外来診療も行っております。

ご利用詳細

CONTACT予約・お問い合わせ