お知らせ

真部外来のお知らせ

2017年6月6日

毎月1回 、土曜日の診療におきまして、弘岡順子医師に代わり、真部 淳(まなべ あつし)医師(聖路加国際病院小児科医長)が診療を担当しております。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

毎月の診療予定日は下記の通りです。

6

10日(土)

7月

15日(土)

8月

19日(土)

 

これ以降の予定は、順次お知らせします。

 

家族グループへのお誘い

2017年6月3日

ヒロオカクリニックでは精神的な病と闘っておられるお子さんをお持ちの
「親御さんのグループ」を下記のように開催いたします。

 

気持がふさいでいるお子さんにどう接したらよいのか、主治医から本人の希望通りにするように言われているが、“我がまま”のように感じることまで言う通りにしていいのだろうかなど、おひとりで悩まずに同じ経験をしておられる方と話し合う時間を持ちたいと思います。
参加をご希望の方は、お気軽に声をお掛けください。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時: 毎月第3水曜日 午後2:30~3:30
◆6月21日 ◆7月19日 ◆8月・休み
場所: ヒロオカクリニック ロビー
費用: 1回 1,500円(税別)
コンダクター: 西田知佳子(ヒロオカクリニック相談員)
定員: 8人
                                   

マンモグラフィ・子宮がん検診の予定日

2017年6月3日

原則として、第1・第3木曜日に実施いたしますが、変更となる場合もございますので、最新の情報にご注意ください。

 

  実施予定日

6月

1日 ・ 15日
7月 6日 ・ 20日
8月 3日 ・ 24日
9月 7日 ・ 21日
10月 5日 ・ 19日
11月 2日 ・ 16日

  ※ 最新の実施予定は、随時掲載いたします。

 

新宿区健康診査・がん検診のお知らせ

2017年5月6日

ヒロオカクリニックでは、平成29年度の新宿区健康診査・がん検診を下記のとおり実施いたします。

※ ただし「がん検診」におきまして、今年度から検査項目や対象年齢に変更がございます。

  詳しくは新宿区ホームページをご参照ください。

 

●健康診査(費用はかかりません)
75歳以上の方・・・・・平成29年5月1日から平成30年3月31日まで。
16歳~74歳の方・・・平成29年6月1日から平成30年3月31日まで。

 

●がん検診(費用負担があります)
75歳以上の方・・・・・平成29年5月1日から平成30年3月31日まで。
75歳未満の方・・・・・平成29年6月1日から平成30年3月31日まで。
※対象年齢は、がん検診の種類によって各々異なりますので
  必ずご確認ください。

※外来診療の円滑化および待ち時間の短縮のため、平成25年1月より

  区民健康診査・がん検診をすべて予約制とさせて頂いております。
  申し込み当日の健診はできませんのでご了承ください。

 

クリニックからのお願い
新宿区健康診査およびがん検診の予約につきましては、健診項目の間違いや受診当日の混乱を避けるため、電話による予約はお受けしておりません。また、外来診療の円滑化および待ち時間短縮のため、区民健康診査・がん検診をすべて予約制にさせていただいております。
申し込み当日の健診はできませんのでご了承ください。申し込み時は、区役所より郵送された書類すべてをお持ちになり、直接受付にお越しくださいますようお願い申し上げます。
なお、予約後の日時の変更やキャンセル等に関しましてはお電話にて承ります。

 

 がん検診の自己負担料金と受診対象年齢
 検診の種類

検診内容

負担料金 受診対象者(新宿区民)
前立腺がん PSA(血液)検査 200円 50歳以上の男性の方
子宮頸がん 頸部細胞診 900円 20歳以上の偶数年齢の女性の方
乳がん マンモグラフィ検査 800円 40歳以上の偶数年齢の女性の方
胃がん 胃部X線直接撮影 1,900円 40歳以上の方
大腸がん 便潜血検査 600円 40歳以上の方
肺がん 胸部X線直接撮影(2方向)+喀痰細胞診 1,200円 50歳以上で、喫煙指数の高い方
肺がん 胸部X線直接撮影(2方向) 900円 40歳以上の方

※当院の胃がん検診は、胃部X線直接撮影のみに対応しております。

※対象者の年齢は平成30年3月31日時点での年齢です。

詳しくは、新宿区ホームページをご覧ください。

 

花粉症対策検討委員継続のお知らせ

2016年4月20日

当クリニック副院長 弘岡順子医師が、平成28年4月より平成30年3月までの2年間、これまでに引き続き「東京都花粉症対策検討委員」を委嘱され、他の10名の医療、気象、植物学の専門家と共に花粉症対策を担う事となりました。

お知らせ一覧に戻る